斜張橋施工に高重量コンクリートを活用 カウンターウエイトを重量コンクリートで/府中四谷橋 HEAVY WEIGHT CONCRETE USING FOR THE COUNTERWEIGHT OF THE FUCHUYOTSUYA BRIDGE(CABLE-STAYED BRIDGE)

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • セメントコンクリート  

    セメントコンクリート 617, 50-55, 1998-07 

    セメント協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002651258
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131505
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03710718
  • NDL 記事登録ID
    4656981
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-127
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ