遊離酸化カルシウムとその定量方法 -セメント協会標準試験方法JCAS I-01改正の目的とメリット- INVESTIGATION ON EXTRACT CONDITIONS FOR THE DETERMINATION OF FREE LIME

この論文をさがす

収録刊行物

  • セメントコンクリート

    セメントコンクリート 622, 60-65, 1998-12

    セメント協会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

  • <no title>

    MITUZAS A.

    7th Int Congr Chem Cem 1980 4, 178-182, 1980

    被引用文献1件

  • <no title>

    SCHLAPFER P.

    Rep Swiss Fed Lap Test Mater, Zurich (63), 1933

    被引用文献1件

  • <no title>

    WANG C.

    Rev. 26th Gen Mtg Cem Assoc, Japan 76, 1972

    被引用文献1件

  • <no title>

    JAVELLANA M. P.

    Cem Concr Res 12(3), 399-403, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    JAVELLANA M. P.

    ASTM Spec Tech Publ(Am Soc Test Mater) (985), 79-83, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    YULE J. W.

    ASTM Spec Tech Publ(Am Soc Test Mater) (985), 75-77, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    ALEGRE R.

    Cim Betons Platres Chaux (769), 392-395, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    本田昌弘

    セメント製造シンポジウム報告集 (46), 68-73, 1989

    被引用文献1件

  • 粉末X線解析法によるフリーライム定量について

    太田耕平

    セメント製造技術シンポジウム報告集 (50), 106-111, 1993

    被引用文献2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002651559
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131505
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03710718
  • NDL 記事登録ID
    4621868
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-127
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ