農家の行動を考慮した都市圏経済モデルによる農産物自由化の分析 A STUDY OF AGRICULTURAL TRADE LIBERALIZATION USING AN EXTENDED ALONSO MODEL WITH FARMER HOUSEHOLDS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ウルグアイ・ラウンドの結果, 日本政府は農業の段階的な自由貿易化に合意した. この合意は農業の産業構造を変化させ, 土地利用変化を引き起こすことが予想される. 従来の Alonso 型モデルでの農地の役割は宅地供給に限定されており, 都市に対する食料供給基地としての役割が捨象されてきた. 本稿では, 農家の生産・消費行動を明示的に考慮し, 工業財・農産物が圏外と貿易されるという前提の下に Alonso 型モデルを都市部と農村部からなる都市圏に拡張して定式化した. その結果, 自由貿易化の土地利用に与える影響を分析できる. たとえば、(i) 農業就業率の低下をもたらし, (ii) 農地の宅地転用を進める, (iii) 都市圏のGDPは増加・減少の何れも生じ得る, ことが示される.

The agreements in the Uruguay Round talks demand Japan to liberalize her agriculture trade in several phases. They will lead to the structural reform in agriculture production, and affect the metropolitan land use. In the context of typical Alonso type model, agricultural land is regarded as the source to provide land for urban uses, and its role to supply foods to city residents is rarely considered. In this paper, we extended the Alonso's framework to incorporate the production and consumption behaviors of farmers, where both manufacture and agricultural goods are tradable. As our model deals with a metropolitan area comprising urban and agricultural lands, we can analyze how trade liberalization affects the metropolitan land use. It is shown that, (i) the proportion of farmer households will be decreased, (ii) conversion of agricultural land to residential one will be promoted, but (iii) the metropolitan GDP may either be increasedd or decreased.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 632, 51-62, 1999-10-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002655549
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4895172
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ