空中写真測量による兵庫県南部地震に伴う地盤変位の計測 MEASUREMENT OF GROUND DISPLACEMENTS DURING 1995 HYOGOKEN-NAMBU EARTHQUAKE BY AERIAL PHOTOGRAMMETRY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震に伴い, 著者らは (社) 地盤工学会「阪神・淡路大震災調査委員会」の1部会の活動として, 地震による地盤の永久変位を空中写真測量により計測し, その変位の特性を調べた. 計測は六甲山地を除く芦屋市の全域を対象とし, 地震前後の撮影縮尺約1:4,000の空中写真を用いた. 通常の地図作成よりも計測要求精度が高いためシミュレーションで空中三角測量の精度を検討し, 解析図化機を使って700点の地盤変位と, 800点のマンホール位置の鉛直変位を測定した. その結果, 変位の精度が水平方向が約8cm, 鉛直方向は約15cmの高精度で地盤変位を面的に計測可能となった. 地盤変位パターンを整理した結果, 芦屋浜埋立地では護岸線・河川からの距離や前面水深との相関性が見出された.

This paper reports the measurement of permanent ground displacements in Hyogoken-Nambu earthquake arising on Jan. 17, 1995. The measurement is executed over entire Ashiya-city by conventional aerial photogrammetry with photographs on the scale of 1:4, 000. Three-dimensional displacements of about 700 ground points and vertical displacements of about 800 manhole lids are measured by analytical stereo plotters. Estimated measurement precision is 8cm horizontally and 15cm vertically. It is observed that the directions and magnitudes of displacements are closely connected to both distance from the dike and the front water depth there in Ashiyahama reclaimed land.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 632, 105-120, 1999-10-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002655674
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4895209
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ