焼却残渣埋立率の高いごみ埋立地の浸出水処理における最近の技術課題 Technical Problems in Leachate Treatment Plants of Sanitary Landfills with a High Content of Incinerator Residue

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, 市町村が管理する埋立地では, 埋立物の主体が従来の生ごみから焼却残渣に変化してきている。さらに, 焼却残渣中の水溶性カルシウムや塩素の量が多くなっている。これらのことを反映して浸出水処理ではカルシウムスケールや塩腐食が問題となっており, 一部では放流先での塩害が心配される。そこで, これまでの調査研究の成果を整理してカルシウムや塩分による障害の状況・対策について概説した。また, 焼却残渣中に含まれるダイオキシン類について浸出水処理施設における挙動や処理技術についても概説した。

These days in Japan, solid waste disposed of in municipal sanitary landfills has shifted from biodegradable refuse to incinerator residue and incombustibles. In addition, the content of soluble calcium and chloride in the incinerator residue is becoming higher and higher. Consequently in leachate treatment plants, problems of calcium scale and erosion by salt are occurring. In a limited situation, damage to agriculture resulting from the high concentration salt in effluent from treatment plants is feared. This paper presents the current situation, including damage and countermeasures taken, regarding the high concentration of calcium and chloride ion in leachate treatment plants. In addition, treatability of dioxins in leachate treatment plants and the development of dioxins decomposition method utilizing ozone and ultraviolet light are presented.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 8(1), 64-75, 1997-01-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  52件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  8件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002657636
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4139645
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ