有害化学物質管理の国内外の動向 Recent Management Systems of Hazardous Chemicals

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 浦野 紘平 URANO Kohei
    • 横浜国立大学物質工学科 環境安全工学研究室 Laboratory of Safety and Environmental Engineering, Yokohama National University

抄録

1992年に開かれた国連環境開発会議 (地球サミット) のアジェンダ21をきっかけに, 化学物質の環境安全管理制度が国際的に大きく動き出している。とくに, OECDの環境汚染物質排出・移動登録 (PRTR) およびISOの環境管理や環境監査では, 事業者が多数の有害化学物質の環境安全管理を自主的に行い, その状況を第三者が評価できる制度を求めている。日本が国際社会の中で信頼を得るためには, これらの制度を適切に導入し, 定着させることが不可欠である。このため, 日本でも環境基本法の制定を機に, 大気汚染防止法の改正やPRTR制度の導入の検討が進められており, また, 先進的な自治体や企業では, 既に多数の有害化学物質の自主的な管理が進められている。本稿では, これらの動きを整理して紹介し, 今後の方向を示した。

Environmental management systems of hazardous chemicals are developed and extended internationally from Agenda 21 adopted at the Rio conference on environment and development. Especially in the Pollutant Release and Transfer Registers (PRTR) of OECD, and the Environmental Management and Environment Audit of ISO are found important systems for self management of hazardous chemicals by companies.<BR>In Japan, it is necessary to take and adapt these systems as a means to gain trust in the international society. Leading local governments and companies have begun management of many hazardous chemicals voluntarily.<BR>In this paper, recent activities of international organizations, developed countries and Japan in the management of hazardous chemicals are introduced, and future direction is suggested.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 8(2), pp.98-106, 1997-03-21 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002657691
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4172260
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ