環境汚染物質の排出・移動登録(PRTR)制度について Pollutant Release and Transfer Register(PRTR)System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 内藤 克彦 NAITO Katsuhiko
    • 環境庁企画調整局環境保健部環境安全課 Deputy Director, Environmental Health and Safety Division, Environmental Health Department, Environment Agency

抄録

化学物質は現代社会においては, なくてはならないものとなっているが, 環境中に放出されて環境汚染の原因となっているものも多数ある。また, 発がん性, 生殖毒性, 免疫毒性などのように微量の化学物質の長期間にわたる影響への対応が必要となってきている。<BR>OECDからその導入について勧告の出されたPRTR (環境汚染物質排出・移動登録) 制度は, 現在のところ国によってその取り組みは異なるが, 有害化学物質の管理手法として有力なものである。<BR>本稿では, このPRTR制度の導入を検討している政府を対象に, OECDが編集した導入ガイダンスである「政府手引きマニュアル」および「付属書」に沿ってこの制度の概要を紹介した。

Chemical substances are essential in our society, however, many are known to be the source of environmental pollution. Recently carcinogenecity and toxicity (for reproduction and immunity) are showing up. Measures should be taken against the long-term effects of chemical compound residues in the environment.<BR>The Pollutant Release and Transfer Register (PRTR) system, which was advised to introduce by OECD is an effective measure for the control of hazardous chemical substances, although each country is currently showing a different response to it.<BR>This paper gives the outline of this system to governments who ire discussing the introduction of the PRTR system, along with"A Tool for Environmental Policy and Sustainable DevelopmentGuidance Manual for Governments"and its"Attachment", both of which were edited by OECD.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 8(2), pp.107-112, 1997-03-21 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002657699
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4172261
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ