有害化学物質管理と情報公開 Toxic Substances Management and Right-to-Know

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

市民にとって有害化学物質管理をどう進めていくのか, 市民の知る権利との関係を検討した。有害化学物質の永久保管場所として廃棄物最終処分場を位置づければ, 周辺環境汚染を引き起こしている事例が多い。また, 現行の情報公開制度では不十分である。有害化学物質管理を進めていくために, 市民の知る権利は国際的には確立している。OECDはPRTRの制度化を加盟国に勧告している。欧米ではPRTR制度の運用に際し, NGOも情報公開や環境教育のために重要な役割を果たしている。日本でもPRTRを導入する必要性があり, その課題として農薬や化学物質の使用用途の変更, ごみ焼却炉からのダイオキシン排出問題などがあり, これらの情報公開と市民の知る権利の確立を早急にめざすべきである。

Non-governmental organizations (NGOs) perform key roles in toxic substances management based on the public right-to-know. In the case of waste dumping as definded as the last storage of toxic substances, land and underground water are polluted by waste dumping in Japan. The principle of the right of the community and of workers to know these risks should be recognized. It urges the Japanese government to consider adopting a right-to-know policy and to establish Pollutant Release and Transfer Registers (PRTRs) .

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 8(2), pp.139-148, 1997-03-21 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002657703
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4172265
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ