ダイオキシンに関する環境保全の取組の動向 Current Situation Concerning Government Activities Associated with Dioxins

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国におけるダイオキシンの問題は, 廃棄物焼却施設に係るものを中心に, 現在最も主要な環境問題のひとつとなっている。ダイオキシンの対策については, その遅れが指摘されてきたが, 国や自治体において, ここ1年ほど大きく動きつつある。<BR>ダイオキシンは, 動物実験から非常に強い毒物のひとつであることがわかっているが, その毒性は動物種によって大きく異なり, しかも発がん性や生殖毒性など多岐の毒性を有することから, 人の健康へのリスクを定量的に評価した上で, そのリスクに見合った対策を立てることが重要である。こうしたことから, 現在, 国においては, ダイオキシンのリスク評価を行い, それに基づく対策の体系を組み立てようとする状況にある。本稿では, このようなリスク評価の内容と対策の検討状況を紹介する。

The environmental pollution caused in association with Dioxin has been one of the most pressing themes among environmental issues in Japan.<BR>Dioxin has been acknowledged as one of the most toxic chemicals, and it is also true that the toxicity differs widely among species. The quantitative risk assessment for dioxin is therefore necessary to build policies for risk reduction.<BR>To prevent adverse effects on human health which may be caused by dioxins produced in the incineration process and so forth, the government, including the Environment Agency and Ministry of Health and Welfare, have been strengthening their activities by conducting quantitative risk assessment and making efforts to construct a framework for the risk-based management that has been going on. The current situation of these activities is described.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 8(4), 279-288, 1997-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002657739
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4237322
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ