ダイオキシン類の環境汚染とリスク評価 Environmental Pollution by Dioxin Analogues and Risk Assessment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリ塩化ジベンゾ―<I>p</I>―ジオキシン (PCDDs) , ポリ塩化ジベンゾフラン (PCDFs) , コプラナーPCB (Co-PCBs) を含むダイオキシン類はいずれも極めて強い毒性を有する有機塩素系環境汚染物質である。そのために, 環境レベルの汚染において人体にホルモン的な障害を与え, また, 生殖障害を引き起こす可能性が強く指摘されている。したがって, 近年, 欧米諸国において環境汚染軽減対策が急速に進められている。<BR>上記の観点から, 本論文においてはわれわれや国内外の研究成果を通して, ダイオキシン類の生体影響や環境汚染の現状およびその問題点を解説するとともに, 現在の環境汚染に伴うリスク評価を試みた。<BR>また, 厚生省や諸外国の耐容一日摂取量 (TDI) の設定根拠についても言及した。

All dioxin analogues composed of polychlorinated dibenzo <I>p</I>-dioxins (PCDDs), polychlorinated dibenzofurans (PCDFs) and coplanar PCBs (Co-PCBs) are very toxic. Even at the environmental pollution level, it has been revealed that they cause hormonal damage in women. It has also been pointed out that they can lead to immunosuppression and damage genital functions in humans. Therefore, in recent years, U. S. A., Canada and European countries have actively taken measures to decrease environmental pollution levels.<BR>Taking the above circumstances into consideration, this paper explains the biologically adverse effects and the real situation concerning environmental pollution by dioxin analogues, as well as other problem points through papers from inside and outside the country. It also includes our reports. In addition, risk assessment on recent human exposure to environmental dioxin was carried out using tolerable daily intake (TDI) . This paper also refers to the establishment bases of TDI in Japan and in foreign countries.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 8(4), 301-311, 1997-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  62件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  8件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002657741
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4237324
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ