ゼロ・ダイオキシンめざして -人間と環境, その将来のために最優先されるべきこと- Achieving Zero Dioxin

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ダイオキシン汚染は, 今すぐにそれをなくすための対策をとらなければ手後れになるという深刻な事態にまで進んでいる。低レベルのダイオキシンが生体に及ぼす多様かっ微妙な影響が人の健康や生態系, 次世代や種の存続を脅かしている。そうした影響は従来のリスクアセスメントで正確に測り知ることはできない。ダイオキシンの発生に共通する要因は塩素およびその化合物である。が, 未確認あるいは情報の限られている発生源もあり, 未だダイオキシンの発生量はほとんど不明である。世界はダイオキシン等のPOPsを削減/撤廃するため, 地球規模の法的拘束力を持つ条約策定に向けて動き出した。その成功を期すために日本政府の責務も重大である。日本政府は, 人の健康や環境には許容できるダイオキシンのレベルはないという認識のもと, 予防原則を採用すべきであり, そのためにはクリーンプロダクションへの移行, 塩素やその化合物の生産, 使用の早急な段階的廃止が不可欠である。

There is no doubt that contamination with dioxins constitutes a serious environmental problem. Increasingly, it is being recognized that low level contamination threatens human health, the ecosystem and the future generations through diverse, subtle toxicological mechanisms. Conventional risk assessment procedures cannot adequately quantify the magnitude of the environmental threats posed by dioxin. A common factor in dioxin generation is the involvement of chlorine or chlorine containing chemicals. Nonetheless, there is still great uncertainty about the precise quantities emitted into the environment, some of the unidentified sources are poorly characterised and there may be sources unidentified as yet.<BR>International Fora under the auspices of UNEP are working towards a global, legally binding convention to reduce and eliminate POPs including dioxins. The Japanese government has a responsibility to help ensure that a POPs Convention is successful and effective. Recognizing that there is no acceptable level of dioxin exposure to humans and the wider environment, the Government should adopt the precautionary principle. This means that it will be necessary to adopt clean production methods and to concentrate on a rapid phase-out of chlorine use and the production of chlorinated chemicals.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 8(4), 312-321, 1997-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  30件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002657804
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4237325
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ