ダイオキシン類の発生抑制と環境サイクルコントロール Reduction of RCDDs/DFs Emission and Environmental Cycle Control

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

残留性, 生物蓄積性, 揮散移動性, 毒性を有する残留性有機汚染物質 (Persistent Organic Pollutants) に対して, グローバルアクションが求められつつある。POPsのうち, 非意図的副生成物の代表例であるダイオキシン類について, その発生源や環境動態などの問題の所在を要約しつつ, 1997年1月に公表されたごみ処理対策に係る新ガイドラインの論点について述べた。今回の新ガイドラインの特徴は, (1) ダイオキシン類発生抑制のためには高度技術適用とすべきであること, (2) 連続炉への転換やRDF化施設などシステム対応の重要性が示されたこと, (3) 高度廃ガス処理とともに残渣対策によりダイオキシン類の環境蓄積回避に向けた社会コントロールユニットとしての機能が期待されていること, にある。とくに, 3点目は排ガスのみでなく, 処理残渣に含有されるダイオキシン類を含めたダイオキシン類排出総量をごみ1tonあたり5μgTEQ以下とすることが将来的な目標とされた。この目標は, ごみとしてはすでに50μg TEQ/ごみton程度のダイオキシン投入負荷を有しており, これをごみ処理施設において分解低減化できるようなシステムに変革することを意味する。ダイオキシン類の環境移動と産業社会の相互関係を意識したコントロール戦略としては, 個々の発生源対策である発生抑制とともに, リサイクル循環系との協調コントロール, および環境サイクルコントロールが重要である。

For persistent organic pollutants (POPs), which have properties including persistence, bioaccumulation, semi-volatility, and toxicity, global actions are required. This paper reports key points of the new guidelines for MSW management measures, established in January, 1997, summarizing basic issues concerning sources and environmental behavior of PCDDs/DFs, which are typical compounds of POPs. The guidelines are characterized as follows:<BR>(1) high technologies should be applied to curb the generation of PCDDs/DFs, <BR>(2) measures to shift the whole system, e. g., shifting to full-continuos-feed type or RDF facilities, are very important.<BR>(3) the new guidelines are expected to work as a social control unit in order to prevent the environmental accumulation of PCDDs/DFs through measures for residues, as well as a high technological waste gas treatment.<BR>The new guidelines especially concerning the three points mentioned above, set the target for the total amount of release, not only from emission gas but also from residues, at below 5μg-TEQ/waste-ton. This includes how we change the system to decompose and reduce PCDDs/DFs because waste already has a PCDDs/DFs input load of approximately 50μg-TEQ/waste-ton. In addition to respective measures to control sources, developing a harmony with the recycling cycle system and the environmental cycle control are also important because this control strategy is paying attention to the relationship between the environmental transfer of PCDDs/DFs and our industrial society.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 8(4), 322-335, 1997-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  44件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002657835
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4237326
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ