廃棄物処理法の改正について On the Amendment of Waste Disposal and Public Cleaning Law

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

第140回国会において廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律が成立した。<BR>今回の改正は, 山積する廃棄物問題, 特に産業廃棄物をめぐる諸問題の解決を目指し, 総合的な施策を講ずるものであり, 平成3年の改正に匹敵する一大改正である。本稿では, 改正の背景とその内容の概略を解説する。<BR>法改正の内容の要点は, 廃棄物の減量化・リサイクルの推進, 産業廃棄物処理に関する信頼性と安全性の向上, 不法投棄対策等の強化にある。減量化・リサイクルの推進としては, 多量排出事業者における減量化とリサイクルに係る規制緩和策がある。施設の信頼性と安全性の向上については, 設置手続として, 生活環境影響調査の実施とその情報公開, 維持管理の適正化として, 埋立処分終了後の維持管理費用の積立制度などの規制強化を行っている。また, 不法投棄対策として, マニフェスト制度の拡充, 罰則の大幅な強化, 原状回復のための制度設定を行っており, その効果を期待している。

The 140 th Diet session has approved the revised Waste Disposal and Public Cleaning Law. This amendment was carried out to comprehensively cope with a large number of waste problems, especially of an industrial nature. The Law was a radical reform, equal to the revision in 1991. This paper explains the background and the outline of this amendment. The key points of the revision are improvement of the reliability and safety of industrial waste management, and the reinforcement of measures for illegal dumping. In order to promote waste reduction and recycling, the revised law provides two main measures, waste reduction at mass-discharging corporations and the deregulation of recycling.<BR>Regarding the raise in reliability and safety of the facilities, the following items were added : investigating the impact on the living environment, as one of procedures to establish facilities and making the results public; and introducing an accumulated fund system for the cost of maintaining the landfill after final disposal, as a measure of proper maintenance and landfill site control. For illegal disposal, the enlargement of the manifest system, punishment reinforcement, and the establishment of a system to remedy the site are expressed as measures. Improved effects from these measures are expects in the future.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 8(5), 352-361, 1997-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002657885
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4284837
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ