真空加熱分離方式による柱上トランスからのPCB除去方法の実証研究 PCB Removal from Pole Transformers Using the Vacuum Heating Separation Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

平成元年に一部の柱上トランスに使用されている再生絶縁油中に極微量 (50mgPCB/kg絶縁油未満) のPCBが混入していることが判明し, 早期に安全な無害化処理方法を確立することが望まれている。<BR>トランス構成材に付着・含浸している再生絶縁油およびPCB (以後PCB等という) を除去し, トランス構成材を無害化する方法の一つとして真空条件下でPCB等を加熱・蒸発・分離させる真空加熱分離法が有望視されている。<BR>実際に使用されているワニスレスおよびワニス含浸の柱上トランスを用い, PCB等を除去するための基本的な真空加熱分離条件の選定を行った後, 実証試験設備を設計・製作し真空加熱分離法の適用性実証試験を行った。その結果, 同法の標準的な適用条件を真空度0.05torr以下, 加熱温度200℃, 真空保持時間10時間とすることによりトランス構成材中の残留PCB量をほぼ定量下限値 (0.05mgPCB/kg構成材) 未満にでき, かっ設備や処理方法が環境へ影響を与えないことを明らかにした。

In 1989, PCB was found in recycled insulation oils used in some pole transformers in traces of 50. mg per kg of insulation oil, which promoted the quick establishment of a safe separation method. One prospective method for removing such recycled insulation oils, etc. when attached and impregnated to the transformer coils was a vacuum heating separation method which heats and vaporizes PCBs under vacuum conditions. The applicability of such a vacuum heating separation method was tested with real used transformers. The test confirmed that the residual PCB on the coils could be reduced to less than 0.05 mg per kg of insulation oil at a vacuum pressure of less than 0.05 Torr ; a temperature of 200°C; and vacuum holding time of 10 hrs.<BR>Overall the test was successful, with no significant negative effects on the treatment facility or the surrounding environment.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 8(5), 392-399, 1997-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002657901
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4284842
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ