画像処理システムを用いた結晶のオンライン色測定 On-line Measurement of Crystalline Color by Color-Image Processing System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

工場プラントの運転安定化, 要員極少化の技術課題の一つとして, アミノ酸 (リジン) 精製工程における結晶の色測定への画像処理技術の適用が検討された.これまで結晶溶解液の分光光度計の透過率を人手により測定し監視していたが, 常時分析はできず, オンライン測定方法の導入が望まれていた.<BR>本論では分光光度計の原理である光の透過率の式と結晶面における光反射の式との関係を解析し, 画像処理測定値による透過率の推算式を導出した.<BR>この推算式の各パラメータを, 画像処理の実験により決定することによって, 推算式により検量誤差 3% の精度で分光光度計の実測透過率を推定できることが確認された.<BR>さらにカラー画像処理システムを実プラントに設置し, リジン結晶の色の 24 時間オンライン測定を実施することによって, その実用性の評価がおこなわれた.

Aiming for the stable operation and the rationalization of factory plant, the color-image processing has been tried to introduce into the online system to measure the crystalline color of L-Lysine in itsrefining process. Because the practical spectrophotometry was used to be employed by manual measurement.<BR>In this paper, the calculation formula of the transmittance by spectrophotometry is theoretically introduced by analysing the relation of Lambert-Beer's lawof luminous transparency with the Kubelka-Munk's function of the luminous dispersion using color image data.<BR>The parameters of the calculation formula were decided by actual measurment, so that the formula withaccuracy value of ± 3% elucidated the possible estimation of transmittance by spectrophotometry.<BR>The system was tested on a commercial plant, and some issues are discussed.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(1), 8-12, 1996-01-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002667875
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3918358
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ