CWMの静置安定性に関する研究 Study on Statical Stability of a CWM

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

(財) 石炭利用総合センターのCWM品質試験法に準じて, CWMの静置安定性評価試験を行った.静置期間の経過に伴い石炭粒子の沈降と凝集によってハードパックとソフトパックが増加した.CWMの代表粘度が高いほど静置後のハードパックが増加し, 逆にハードパックの石炭濃度の上昇は小さくなる傾向がみられた.CWMの初期の代表粘度, レオグラムのヒステリシスループの面積および粘度指数などのレオロジー特性から, 静置後のハードパックの量と石炭濃度を概ね予測できることが明らかになった.また静置期間中に定的期に攪拌することによってハードパック量を大幅に低減できた.

Statical stability tests were conducted according to the CWM Quality Test Method (CCUJ United Method). Hard and soft sediments both increased with the storage time due to settling and flocculation of coal particles. The amount of hard sediment incresed with the representative viscosity of initial CWM. Conversely, the thickening in coal concentration of hard sediment decreased with the increase in representative viscosity of initial CWM. The amount of hard sediment and the coal concentration of the hard sediment are roughly predictable through rheological properties of the initial CWM. Periodic agitation during storage is very effective to prevent the accumulation of hard sediment in stored CWM.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(1), 22-28, 1996-01-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002667886
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3918360
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ