スピノーダル分相によって形成される微細構造の制御 Control of Microstructure Formed by Spinodal Decomposition

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

温度履歴がスピノーダル分相構造の時間発展に及ぼす影響をLanger理論, CDS (Cell Dynamical System) モデルおよびモンテカルロ (MC) 法を用いて検討した.典型的な非線形系に対しても, 比較的高い温度である程度分相を進行させた後, 温度をステップ状に下げて分相操作を続行すると, ある特定の大きさを有する構造を線形的に成長させることができる.この特性を利用して, 分相によって形成される微細構造がある大きさに揃うように制御・設計できる可能性がある.<BR>周期的なパターンを有する外場が分相構造の時間発展に及ぼす影響をMC法を用いて検討した.外場が無い場合の準安定状態における分相構造の波長は, 導入すべき外場の波長を決定するための重要な目安になる.両波長が同程度の大きさを有する場合に最も制御性が良く, 外場が比較的弱くても, 外場の効果を迅速かつ顕著に構造に反映させることができる.

Effects of thermal history on spinodal decomposition structure have been investigated using Langer's theory, the cell dynamical system (CDS), model and Monte Carlo (MC) simulation. Even for nonlinear systems, growth of structure with a particular wave-length in the so-called linear manner is caused by the following operation : Form a structure to some extent at a higher temperature, and then switch the temperature to a lower value and develop the structure further. We may be able to control the microstructure formed so as to gain a sharp wave-length distribution.<BR>Effects of a periodic external field introduced have also been examined using MC simulation. The wave-length of decomposition structure in the metastable state established without the field is an important parameter which allows us to determine the wave-length of the field to be introduced. When the two wave-lengths are of comparable magnitude, control operation is the most successful and the structure is rapidly and notably affected even by a relatively weak field.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(1), 29-41, 1996-01-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002667894
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3918361
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ