水平に置かれた平行電極板の上にある粉体粒子の誘導帯電による飛昇の臨界条件 Lifting Criteria of an Induction-Charged Spherical Particle in a Field with Horizontally Set Parallel Plate Electrodes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

水平に置かれた平行2平板の電極間において, 下方の電極上にある誘導帯電する粉体粒子が飛昇する現象について, 粒子にかかる力を理論的に検討し, 飛昇の臨界条件を明らかにした.<BR>誘導帯電にもとづく電荷量, クーロン力を推定するために, 伝導電流, 変位電流を考慮した平板コンデンサーモデルを導出した.また, 水分による粉体の付着力と重力に, さらにクーロン力を加えて粒子にかかる合力を推算することにより, 飛昇できる粉体は, およそ数μmから数mmの限られた粒子径の範囲をもち, 0.1kV/mm以上の電界の強さに置かれることが必要であること, 粉体の導電率が低いと粒子にかかるクーロン力は小さく飛昇できないが, 水分を加えることにより導電率が高まり, 飛昇しやすくなることを明らかにした.

The lifting criteria of an induction-charged spherical particle, in a field with horizontally set parallel plate electrodes, is investigated by theoretical analysis of the forces acting on a particle.<BR>The electrostatic charge and force of the particle is obtained by using formulas concerned with a modeled parallel plate condenser. With considerations of capillary binding force of the water bridge between particles, and the gravity force, the total force is evaluated to assess which lifting criteria could be used.<BR>Thus, the analysis shows that there is a range of particle sizes which can not be lifted in the given intensity of electric field. Moreover, the calculation proves that the electric conductivity of a particle is an important factor in governing lifting criteria, and it is easy to control by adding water.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(1), 113-119, 1996-01-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668037
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3918372
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ