充填層内における気流に同伴される粉体の平均上昇速度 Mean Ascending Velocity of Powder Entrained By Gas in a Packed Bed

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高炉のような固気充填層内における気流に同伴される粉体の挙動を明らかにするために, 充填層内の粉体の平均上昇速度をトレーサ粒子の滞留時間分布から測定した.その結果より得られた上昇速度は, 従来の衝突モデルから予測される値より遅いことが判明した.これらの差異は充填粒子に堆積, 停止するホールドアップの存在によるものと考えられた.また2次元の実験装置での観察結果からも, これらの粉体の動きが確認された.すなわち, 充填層内における粉体の動的ホールドアップはガス流に同伴して充填要素間を飛翔する粉体と, 充填物上に一時的に停滞する粉体から構成される.そして, この停滞部の粉体は下方から飛散する粒子によって更新される.この結果をもとに, 局所的な上昇速度, および停滞時間と固気比との関係を実験的に相関し, それらの間に一定の関係のあることを見いだした.これらの実験で提案されたモデルにより, 充填層内の粉体の平均上昇速度を推算することが可能になった

For the purpose of clarifying the behavior of fine particles entrained by upward gas in the packed bed like in a blast furnace, the mean ascending velocity of powder in the packed bed was measured by the residence time distribution of the tracer powder. According the results, it was found that the measured velocity was lower than the values predicted by the successive collision model of fine particles. The difference is considered to be caused by the stagnant zone of fine particles on the packed materials, and this behavior was confirmed by the observation in the two dimensional experimental apparatus. Namely, the dynamic hold-up of powder in the packed bed was composed of the particles entrained by the upward gas and the stagnant particles on the packed material, and the latter part was successively renewed by the powder carried by gas. Then, on the basis of the above results, the relation between stagnant time and local ascending velocity were experimentally correlated with solid-gas loading ratio, and it was found that there exists a certain relation among them. The model proposed by these experiments enabled to calculate the mean ascending velocity of powder in the packed bed.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(1), 171-176, 1996-01-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668159
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3918380
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ