低密度粒子を含む三相流動層の物質移動および液混合特性 Mass Transfer and Liquid Mixing Characteristics of Three-Phase Fluidized Beds with Light Particles

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

気液固三相流動層はこれまでに様々な化学プロセスに応用されている. 最近ではバイオテクノロジーの発展に伴って, 醗酵, 細胞培養, 抗生物質の生産および排水処理などバイオリアクターの応用に広がっている. バイオリアクターで用いられる粒子は坦体粒子に酵素または菌体を固定化させたものであり, その密度は液体の密度に近く, 比較的小さい. 従来工業的に使用されている三相流動層では比較的密度の大きい粒子が用いられてきた.そこで著者らは低密度粒子を含む三相流動層の物質移動特性 (Miyahara <I>et al</I>., 1990b) および液混合特性 (Miyahara <I>et al</I>., 1990c) を空気一水系を用いて明らかにした. しかしながら, 三相流動層をバイオリアクターとして効率よく操作・設計するには実際のバイオプロセスと類似の環境での研究が望まれる.<BR>そこで本研究では液物性の影響を明らかにする目的で, グリセリン水溶液を用いて, 液の粘度および密度の変化による物質移動特性および液混合特性として液側物質移動容量係数および液混合拡散係数を実験的に検討し, 気・ 液二相の場合との比較を行った.

Experiments were conducted to study the effect of viscosity and density of liquid on the liquid-phase volumetric mass transfer coefficient and the liquid-phase axial dispersion coefficient. The volumetric mass transfer coefficient decreases with increasing liquid viscosity due to a decrease in the diffusion coefficient. The distinct effect of liquid velocity was not observed. The axial dispersion coefficient shows a similar trend to that in conventional three-phase fluidized beds. On the basis of these results, the comparison of the volumetric mass transfer coefficient and the axial dispersion coefficient in three-phase fluidized beds with light particles with those in bubble columns are performed, respectively.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(1), 206-209, 1996-01-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668221
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3918386
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ