CFC (Chloro Fluoro Carbon)-11(CCl_3F)クラスレートを用いた蓄冷システム Study on Cool Storage System using CFC-11(CCl_3F) Clathrate

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

夜間の余剰電力を用い, エネルギーを高効率・高密度に貯蔵し, 昼間のエネルギー必要時に冷熱として取り出すことにより, ビル空気調和に利用し, 電力負荷平準化に寄与するクラスレートを用いた蓄冷システムについて基礎検討した.溶媒としてCFC-11 (CC<I>l</I><SUB>3</SUB> F) を用い, 槽内で溶媒の蒸発による気化熱で水と溶媒との混合溶液を冷却しクラスレートを生成させる方式および伝熱管で間接的に混合溶液を冷やす方式について以下の知見を得た. (1) 本システムによる蓄冷は従来の水および氷蓄冷に比べ効率が高く, 十分に可能性がある. (2) 界面活性剤の0.01~0.1wt%添加によりほぼ生成率40wt%のクラスレートの生成および分解が可能である. (3) 系内にエチレングリコールを添加することにより, さらに低温の冷水を取り出すことが可能である.

Experiments were performed to investigate the possibility of a direct-contact-charged cool storage system and indirect-contact-charged cool storage system using clathrate for use in air conditioning of buildings, by storing energy of night excess power at a cool storage density and taking it out as cool heat when energy become necessary in the daytime. Using CFC-11 (CCl<SUB>3</SUB>F) clathrate, the following conclusions were obtained.<BR>1. Cool storage system using clathrate is a more suitable heat storage system than water and ice.<BR>2. Addition of 0.010.1 wt% additive allowed ideal clathrate formation and decomposition up to 40 wt% of clathrate concentration.<BR>3. Addition of ethyleneglycol allowed clathrate formation and decomposition temperature decreases, resulting in the aquisition of more cooled chilled water.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(2), 241-248, 1996-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668266
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3936982
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ