Ca(OH)_2/H_2O/CaO反応系を用いる電力貯蔵型化学蓄熱器の蓄・放熱に関する実験的検討 Heat Storing/Releasing Characteristics of the Chemical Heat Storing Unit of Electricity Using Ca(OH)_2/CaO Reaction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Ca (OH) <SUB>2</SUB>/CaO系反応を用いる電力貯蔵型化学蓄熱装置において, 水和発熱反応 (放熱) 時の熱源に低温未利用熱を利用する増熱型システムとしての適用性を検討するため, フィン付き熱交換器を組み込んだ密閉型の試作化学蓄熱装置を用いて, CaO の水和反応過程における放熱速度, 反応速度, 熱出力, 蓄熱効率を実験的に検討した.<BR>その結果, 303 K 以下の熱源を利用し, CaO 粒子を水和させた場合, 反応速度は十分大きく充填層はほぼ全体的に平衡温度まで達した.また, 熱回収を試みた結果, 常温水を 343K 以上に昇温させ連続的に取り出せること, および貯湯方式と比較して本蓄熱方式では, 蓄熱媒体単位容積当たり 4 倍程度の熱量が回収可能であることなどを確認した.

The applicability of the Ca (OH) <SUB>2</SUB>/ CaO thermochemical reaction for storing nighttime heat derived from electricity was studied. The heat releasing rate, heat output, and thermal efficiency were investigated experimentally by the use of a lab-scaled heat storage unit incorporated with a fin-type heat exchanger.<BR>It was found that when water vapor at ambient temparature of around 300 K was introduced to the reactor, the temperature of the CaO reactant bed during the heat-releasing step was increased to around equiliburium temperature at 610 K. The hydration heat produced was then recovered by the heat exchanger medium (city water) the temperature of which was rapidly increased up to above 343 K. The amount of the heat recovered from the CaO packed bed was about four times higher than that which might be recovered if the energy storage was carried out by the sensible heat of water in the same volume.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(2), 257-263, 1996-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668290
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3936984
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ