溶媒抽出法によるバイカレイン/バイカリンの分離 Separation of Baicalein from Baicalin by Means of Solvent Extraction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では生薬「オウゴン」中に含まれ, 種々の生理活性を有するフラボノイド類であるバイカリン, バイカレインに着目し, 工業的分離技術の知見を得ることを目的に, 溶媒抽出法により市販抽出剤による抽出挙動を調べ, これらの選択的分離・回収・除去のスクリーニングを行った. Tri-n-octylphosphine oxide (TOPO), Cyanex 923, Cyanex 925 のようなトリアルキルフォスフィンオキサイドはバイカリン以上にバイカレインに対して選択的であることがわかった.また抽出反応の解析より, 抽出反応平衡定数, 抽出反応のエンタルピー変化を求めた. Cyanex 923 含浸の XAD-7 樹脂充填カラムを用い, バイカリン, バイカレイン混合液を処理し, バイカレインを完全に除去することができた.

In this work, solvent extraction behaviors of some commercial extractants such as tri-n-octylphosphine oxide (TOPO), Cyanex 923 and Cyanex 925 for baicalein and baicalin decocted from Suctellaria root, which is a crude drug, were examined to elucidate their mutual separation by solvent extraction. Baicalein was extracted selectively by trialkylphosphine oxides over baicalin. From analyses of the extraction mechanism, the equilibrium constant of extraction reaction and enthalpy change were evaluated. A porous resin impregnated with Cyanex 923 in XAD-7 was prepared to remove baicalein from baicalin by using a column packed with the resin. Baicalein was able to be completely removed by this column operation.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(2), 287-293, 1996-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668324
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3936988
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ