クロマト法による生物活性炭層における有機物の挙動の検討 Chromatographic Evaluation of Organic Behavior in Biological Activated Carbon Bed

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

生物活性炭 (BAC) 処理を上水処理に応用しようとする場合, BAC層内で生じる吸着と生物分解に関する種々の物質移動現象等を化学工学的に解明することが重要と思われる.本研究では, BAC層内における生物分解と吸着を別々に分離して評価するための手法として, クロマト法モーメント解析の応用を提案した.活性炭素繊維 (ACF) を用いたモデルBAC層における有機物のパルス応答のモーメント理論解及び上水処理の場合に適用できる近似解を導出すると共に, モデル有機物としてのグルコース及びt-ブタノールのパルス応答実験との対応によって, BAC層の吸着能と微生物活性を定量的に評価することができた.本研究で提案したクロマト法モーメント解析によって, 上水処理に応用されるBAC における有機物の挙動を定量的に評価することが可能であると思われる.

When biological activated carbon (BAC) is applied to drinking water treatment, the mass transfer phenomena relatted to adsorption and biodegradation should be quantitatively clarified. As a method for evaluating adsorption and biodegradation in BAC separately, the moment analysis of pulse responses from BAC beds was proposed and the feasibility of such an approach was investigated. Theoretical moments of the pulse response from BAC and their simplified expressions useful in the case of drinking water treatment were derived for a model BAC employing activated carbon fiber (ACF). Adsorption capacities and microbial activities of various BACs were evaluated by the moment analysis when glucose and t-butyl alcohol were used as model organics. The chromatographic evaluation proposed and investigated in this work was found to be able to evaluate organic behavior in BAC applied for drinking water treatment.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(2), 317-325, 1996-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668369
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3936992
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ