攪乱物を有する流通式液相反応管内における乱流混合状態の測定 Measurement of Turbulent Mixing State in a Tubular Flow Reactor Equipped with an Agitating Object

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

反応器や混合装置として広く用いられている流通式液相反応管における濃度変動を測定する高速走査型多点測定システムを試作した.本システムは電気伝導度法により, 高周波数応答を有する複数の電極を用い, 流通式液相反応管断面全体の乱流混合状態をパターンとして連続的に捉えるものである.その性能ならびに測定精度を検討確認した後, 同測定システムを用い管内に, 攪乱物として種々の径寸法を有する球体, 円盤あるいは円柱棒を設置した系で, 副流ノズルから管内に噴出された電解質成分の攪乱による乱流混合の促進状態を検討した.その結果, 攪乱物前後における圧力損失が同一となることを条件として3種の攪乱物を比較したところ, 円盤が最も混合促進効果に優れていることを定量的に明らかとした.

The authors have developed a new multi-point and fast-scanning system for measuring a concentration variation in a tube for continuous liquid flow, which is usually used as a tubular reactor or mixer. The system can continuously capture, as a pattern, the turbulent mixing state of a whole section of the tube using the electric conductivity method with electrode couples having high-frequency responsiveness. After ascertaining its performance and measuring precision, the authors investigated the enhancing effect of contain kinds of agitating objects, viz, a sphere, a disk, and a cylinder, on turbulent mixing in the tube. Object with various diameters were settled in a nozzle for subsidiary liquid flow of an aqueous electrolyte solution. It was found that a disk type object has the best effectiveness of the three kinds of objects, on condition that pressure loss resulting from the objects is identical among them.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(2), 334-341, 1996-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668410
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3936994
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ