コアセルべーション法による生成マイクロカプセルのカプセル膜厚 Membrane Thickness of Microcapsules Generated by Complex Coacervation Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

芯物質に粒子径が揃い表面の疎水化処理が可能なガラスビーズをモデル粒子として用い, ゼラチン-アラビアゴム系の複合コアセルベーション法によってマイクロカプセルを製作し, カプセル化時の操作諸条件が生成カプセルの膜厚に及ぼす影響を検討した.本報ではコアセルベーション法の特徴を生かし粒子径の揃った固体芯物質を利用することにより, 一次乳化の影響を排除し, 二次乳化に当たる機構のみを取り出して検討することに成功した.系統立ったカプセル化実験の結果から, 酢酸添加量の増加によってより厚いカプセル膜が得られるが, 多量の添加では膜硬化時の pH を下げるため, 逆にカプセルの生成を阻害すること, 芯物質表面の疎水化はカプセル化に必要な酢酸添加量の減少をもたらすこと, 共存塩の添加はカプセル膜を薄くするが, 極少量の添加では逆に厚くする効果のあることが明らかとなった.

Microencapsulation of glass beads was carried out by complex coacervation of gelatin and acacia. Glass beads were chosen as the core material, because their surface was easily treated to be hydrophobic. We succeeded in excluding the complicated influence of emulsion on microencapsulation by the use of the coacervation method and a solid core material with narrow size distribution. The membrane of the microcapsule became thick with the increase of acetic acid dosage, while encapsulation was prevented by its excess addition because of the low pH value in the hardening process. Hydrophobizing of the core surface decreased the amount of acetic acid required to microencapsulate. A thin membrane was obtained due to the existence of salt, however the membrane thickness conversely became thick with a minute quantity of salt.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(2), 342-349, 1996-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668433
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3936995
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ