固・気二相流中の粉塵濃度測定及び対数正規分布による粒度推定法 On the Study of Measurement Apparatus for Particle Concentration and Estimation of Particle Size by Log-Normal Distribution in Gas-Solid Pipe Flow

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

非等速吸引による分級効果を利用し, 固・気二相流中の粒子濃度及び粒径分布自動測定装置及びデータ処理に関して実験及び理論により検討を行った.<BR>サンプリングで捕集した粒子をサイクロン及びフィルター部へ導入しかつ全量を電子天秤にて計量することにより粒子質量を長時間にわたり連続的に測定できる.得られた粒子質量は測定時間に比例しており, 粒子質量計測の連続的自動化が可能となった.<BR>データ処理にLevinの式及び最急降下法を用い, 粒度分布の平均径及び幾何標準偏差を一義的に決定した.<BR>本法で得られた粒度分布は従来法のインパクターによる結果とほぼ一致した.

Experimental and theoretical studies have been conducted on a method for measuring particle concentration and size distribution in gas-solid pipe flow. The measurement can be done continuously and automatically by the use of anisokinetic sampling.<BR>The total mass of the sampled particles, cyclone and filter box is measured by an electronic mass balance. The mass of the collected particles is proportional to the measurement time.<BR>In the reduction of experimental data, mass median diameter and geometric standard deviation are determined uniquely by the use of Levin's Equation and the steepest descent mtehod.<BR>Particle size distribution obtained in this way agrees well with the conventional impactor method.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(2), 350-355, 1996-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668446
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3936996
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ