高速気流中衝撃法による微粒子の粒子被覆機構 -壁面効果- Particle Coating Mechanism of Fine Particles by High-Speed Gas Impact : Wall Effects

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現在, 材料の高機能化のため微粒子複合化の研究が盛んに行われている.本研究では, 微粒子被覆型複合法の一つである高速気流中衝撃法により大粒子表面への小粒子の被覆過程について理論と実験で検討した.本モデルでは, 大粒子が他の大粒子や装置内部の壁面へ衝突する際, 小粒子が大粒子表面から他の大粒子へ, そして装置内壁から大粒子へ移動すると考えた.そこで, 大粒子間および壁面間の小粒子移動確率を基に, 任意の衝突回数後の大粒子表面の小粒子数分布により被覆過程を解析した.そして異径二成分粒子の被覆実験結果が, この理論式によるシミュレーション結果に従うことを確認した.その結果, 大粒子間の小粒子移動は大粒子上の小粒子数分布の形を左右し, 壁面と大粒子間のそれは大粒子上の平均小粒子数をも変化させることがわかった.従って, 高速気流中衝撃法による任意の処理時間後の微粒子の被覆割合が記述できるようになった.

Recently, there have been various studies on fabrication of composite particles to produce functional materials. Here, high-speed gas impact blending is utilized as a kind of surface-composite method to coat fine particles. The coating mechanism is investigated theoretically and experimentally. It is assumed that small particles move between the surfaces of large particles and the inner wall in collisions. The process is described by the number of small particles coated over the large ones after arbitrary impact times. The experimental results with binary sized particles agreed with simulated ones according to this theory. As a result, it was found that the transfer of small particles between large ones affects the distribution form of the number of small ones over large ones, and that the transfer between large particles and the inner wall governs the average number of small ones in addition. Therefore, it becomes possible to estimate the coating ratio of large particles in a certain processing time by this fabrication method.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(2), 356-364, 1996-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  9件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668453
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3936997
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ