大気圧下におけるエタノール-水-ジオキサンおよび酢酸エチル-水-ジオキサン三成分系気液平衡データ Vaper-Liquid Equilibrium Data for Two Ternary Systems of Ethanol-Water-Dioxane and Ethyl Acetate-Water-Dioxane at Atmospheric Pressure

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

エタノール-水-ジオキサンおよび酢酸エチル-水-ジオキサン三成分系気液平衡を大気圧下で測定し, これらのデータに基づき, Wilson定数を決定した.これによる各成分の蒸気組成の推算誤差は, モル分率で0.02以下であった.また, 液組成と気液平衡比の相関から, エタノール-水-ジオキサン三成分系溶液の共沸組成はモル分率で, エタノール0.89, 水0.08およびジオキサン0.03であると推定した.さらに, 30℃における酢酸エチル-水-ジオキサン三成分系溶液の相互溶解度を測定し, そのプレイトポイントはモル分率で, 酢酸エチル0.15, 水0.61およびジオキサン0.24であると推定した.

Vapor-liquid equilibrium data for two ternary systems of ethanol-water-dioxane and ethyl acetate-watwr-dioxane were observed by using an Othmer-type still at atmospheric pressure. Based on these data, Wilson parameters were determined. From correlation between the vapor-liquid equilibrium ratio and liquid compositions, the azeotropic composition of an ethanol (1) -water (2) -ethanol (3) system was estimated to be <I>x</I><SUB>1</SUB>=0.89, <I>x</I>2=0.08 and <I>x</I><SUB>3</SUB>=0.03 in mole fraction. In addition, liquid-liquid equilibrium data of an ethyl acetate (1) -water (2) -dioxane (3) system were observed at 30°C and the plait point of this system was estimated to be <I>x</I><SUB>1</SUB>=0.15, <I>x</I><SUB>2</SUB> = 0.61 and<I>x</I><SUB>3</SUB>= 0.24 in mole fraction.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(2), 378-384, 1996-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668474
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3937000
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ