三相アルコキシド法による単分散チタニア粒子の合成 Preparation of Monodispersed TiO_2 Particles by Hydrolysis of Metal Alkoxide in a Three-Phase Slurry Reactor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

金属アルコキシドの加水分解による単分散微粒子の合成プロセスとして三相スラリー反応器を用いる「三相アルコキシド法」は, 反応成分である水を水蒸気として分散板下部から反応器へ導入することによってアルコキシドを加水分解し, 微粒子の粒径制御を行う.本実験では単分散種粒子を用い微粒子の成長実験を行った.水蒸気供給量の調節により, 単分散を保ちつつ約0.76μm~0.95μmの範囲で粒子の粒径制御が可能であった.

A novel technique to produce monodispersed fine particles, named the Three-Phase Alkoxide Method, is proposed, where water vapor is introduced into metal alkoxide alcoholic solutions and hydrolysis of metal alkoxide takes place in a three-phase slurry reactor.<BR>Growth of monodispersed TiO<SUB>2</SUB> seed particles was studied in a three-phase reactor of titaniumtetraisoproxide (TTIP) ethanol solution by further addition of water vapor.<BR>It was found that uniform particle growth can be controlled over a range of 0. 76 -0.95 μm without agglomeration by changing the amount of water supplied.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(2), 408-411, 1996-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668529
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3937006
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ