流動層石炭ガス化炉に適用できる簡易石炭ガス化速度式 Simplified Coal Gasification Rate for Fluidized Bed Coal Gasifier

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

脱揮発反応と燃焼反応が進行する流動層石炭ガス化炉にて, 供給石炭からガス化生成ガス中の炭素と水素と酸素への転換速度を取得する実験を行った.実験条件は圧力が1.2と2MPa, 石炭供給量が約6kg/h, 温度が1,100~1,400Kであった.<BR>実験結果から脱揮発反応, 燃焼反応はガス化炉のCO, H<SUB>2</SUB>発生速度に重要な影響を与えず, チャーガス化反応がCO, H<SUB>2</SUB>発生速度を支配していると示唆された.チャー炭素とCO<SUB>2</SUB>あるいはチャー炭素とH<SUB>2</SUB>Oが反応して炭素がガス化される速度をチャー合同ガス化反応速度と呼ぶことにし, その値をCO, H<SUB>2</SUB>発生速度から得た.チャー合同ガス化反応速度と, 条件として脱揮発反応と燃焼反応を併発させない点が異なる既往のチャーガス化反応速度を比較した.両者の値と温度依存性の傾向は同等となった.<BR>チャー合同ガス化反応速度と, これも実験より求めたCH<SUB>4</SUB>発生速度からなる簡易石炭ガス化反応速度を用い, 流動層石炭ガス化炉の物質収支の計算が可能である.

Evaluation of the reaction rate from the carbon, hydrogen and oxygen in coal to those in gasified gas in our fluidized bed coal gasification experiments with a devolatilization reaction of coal and an oxidation reaction by oxygen was made. The experimental apparatus had a coal feed capacity of about 6 kg/h at pressures of 1.2 and 2 MPa and at temperatures of 1, 100 K to 1, 400 K.<BR>By arranging the experimental data for CO and H<SUB>2</SUB> production rate and CH<SUB>4</SUB> production rate, the simplified coal gasification reaction rate from carbon, hydrogen and oxygen in coal to those in gasified gas was acquired. Both equations of char gasification rate and methane conversion compose the simplified coal gasification reaction rate.<BR>The value and temperature dependency of the char gasification rate per unit carbon with devolatilization and oxidation reactions in the fluidized bed were generally the same as those of the char gasification rate without those reactions in previous studies.<BR>Using the acquired simplified coal gasification reaction rate for 6 coals, the calculation method of the mass balance in coal fluidized bed gasifier was presented.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(3), 433-445, 1996-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668575
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3960247
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ