流動層石炭ガス化炉ベンチスケールとパイロットプラントの石炭ガス化速度の比較 Comparison between Coal Gasification Rate in Bench-scale Fluidized Bed Coal Gasifier and those in Poilt Plant

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

石炭処理量が500~1,500kg/hの加圧流動層石炭ガス化炉パイロットプラント試験を実施した.パイロットプラント上段炉と以前実施した石炭処理量が約6kg/hのベンチスケール実験で得られた流動層単位体積当たりのチャー合同ガス化速度とメタン転換率を比較した。ベンチスケールの単位体積当たりのチャー合同ガス化速度は, 完全混合と仮定して計算したパイロットプラント上段炉単位体積当たりの値よりも3~4倍大きな値となった.<BR>これに対して, 流動層の濃厚相は粒子, ガスともに完全混合, 気泡相はガスピストンフローを仮定する二相モデルを適用すると, ベンチスケールのチャー合同ガス化速度と, パイロットプラント上段炉のチャー合同ガス化速度を一致させることができた.<BR>メタン発生速度はメタン転換率として整理すると, 装置サイズの違いにも関わらず, 両者はほぼ一致した.

Experiments of pressurized fluidized bed coal gasification in our pilot at a coal feed rate from 500 to 1, 500 kg/h were conducted. Comparing the char gasification rate per unit volume of a fluidized bed and methane yield between the upper gasifier of the pilot plant and the previous bench scale apparatus at a coal feed rate of about 6 kg/h, the char combined gasification rate per unit volume in the bench scale apparatus was 3 to 4 times larger than that in the pilot plant.<BR>Then, the char combined gasification rate in the upper gasifier of the pilot plant calculated with a two-phase model that assumed perfect mixing of gas and solid in the emulsion phase and gas plugging flow in the bubble phase was the same as that in the previous bench scale apparatus.<BR>Despite the scale difference, arranging the methane production rate for the methane yield, the methane yield in the bench-scale was the same as that in the pilot plant.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(3), 446-457, 1996-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668592
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3960248
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ