ポリイオンコンプレックス膜を用いた浸透気化法によるパイロットスケールでの水/エタノール混合液の脱水 Dehydration of Water-Ethanol Mixture Using Polyion Complex Membrane by Pervaporation on Pilot-Scale

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリイオンコンプレックス膜を用いた浸透気化法によるエタノール水溶液の脱水プロセスの設計を行った.種々の操作条件下における透過流束および分離係数を定量的に表現するために, 透過係数を実験式で表わした透過式を用いた.この透過式を用いてモジュール内での物質収支および熱収支を考慮し, 脱水性能に及ぼす透過側圧力および還流操作の影響について評価した.94wt%のエタノール水溶液を97wt%まで脱水する場合, 13-666Paの範囲において透過側圧力は膜面積にあまり影響しないこと, また供給液エタノール濃度が94 wt%以下の場合, 還流操作により高い透過流束が得られることが分かった.以上の結果より, パイロットスケールでのエタノール水溶液の脱水を行ったところ, 本透過式がエタノール水溶液の脱水プロセスの設計に適用できることを確認した.また, 長期にわたり安定した膜性能で94 wt%のエタノール水溶液を99.8 wt%の無水エタノールに脱水できた.

A dehydration process of ethanol solution usingpolyion complex (PIC) membrane by pervaporation was designed. A permeation equation with experimentally detere mined permeability was used to describe the permeate flux and separation factor under various operating conditions. Considering material and heat balances in a module using the equation, the effects of permeate side pressure and recycle operation on dehydratiion performance were evaluated. When 94 wt% ethanol solution was dehydrated up to 97 wt%, no significant effect on membrane area was observed under permeate side pressures of 13-666 Pa. When ethanol concentration in the feed solution was below 94 wt%, high permeate flux was obtained by a recycle operation. From the result of these examinations, dehydration of ethanol solution on a pilot-scale was performed. It was verified that the permeation equation could be applied for design of a dehydration process for ethanol solution. A dehydrated ethanol product could be stably obtained from 94 wt% ethanol solution using a PIC membrane over a long period.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(3), 496-502, 1996-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668650
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3960254
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ