フェニルアセチレンの選択水添における物質移動の影響 Selective Hydrogenation of Phenylacetylene and Influence of Mass Transfer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

エチレンプラント中のC8留分からスチレンを抽出分離するプロセス及びエチルベンゼンの脱水素からスチレンを合成するプロセスでは微量のフェニールアセチレンがスチレンに混入し, スチレンの品質を悪化させる. 前者のプロセスではこれが C8 留分中に約 34mol/m<SUP>3</SUP>存在し, これをPd触媒を用いて0.10mol/m<SUP>3</SUP>以下まで水添除去する.過酷な条件ではスチレンがエチルベンゼンに転化してしまうこの選択水添を気液上向き固定層微分型反応器での実験から反応速度モデルを提案する.反応実験から求めたフェニールアセチレンの固液間容量係数<I>K</I><SUB>φ</SUB>は, モデルで求めた推算式の結果と比較的良く一致した.この反応速度モデル式に従うと<I>K</I>φが大きいほど選択性が良好になる.積分型反応器での実験値では, 本報告で提案した反応モデルに逆混合を考慮すると, 計算値と良く一致した.

Phenylacetylene (PA) damages the quality of styrene. There are small amounts of PA in styrene which comes from extraction of C 8 distillate in or ethylene plant and from dehydration of ethylbenzene. There is about 34 mol/m<SUP>3</SUP> of PA in C 8 distillate in the former process and we have to reduce the concentration of PA lower than 0.10 mol/m<SUP>3</SUP> by hydrogenation over a Pd catalyst. But severe hydrogenation would convert styrene to ethylbenzene. We proposed a kinetic model for the gas and liquid upflow fixed bed differential reactor. The mass transfer coefficent of PA between the solid-liquid interface, which was observed in the experiments of the differential reactor, agreed well with the theoretical one. According to this model, larger K<SUB>φ</SUB> favored higher ST selectivity. Experimental results of an integral reactor were in good accordance with the proposed model., if we introduced a backmixing model.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(3), 512-519, 1996-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668674
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3960256
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ