RDFの燃焼特性に関する研究 Combustion Characteristics of RDF

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市ごみからつくられた RDF (ごみ固形化燃料) を対象とした循環流動層燃焼による高効率発電プロセスを開発するための基礎データとして, 製造方法の異なる 2 種類の RDFの燃焼特性について高温型示差熱天秤を用いて検討した.これらの RDF は燃焼時において発熱を伴う 2 段階の重量減少がみられる. このことからこれらの RDF は低温域で燃焼する成分と高温域で燃焼する成分の 2 成分からなることが示された. また燃焼後と熱分解後の試料の重量差がほとんどないことから, これらの燃焼が主に試料の熱分解によって放出される揮発分の気相燃焼であることがわかった. さらに, 第 1 段階反応時では試料によってアレニウスプロットにおける反応速度定数の傾きがそれほど変わっていないことからその反応メカニズムは同様であるが, 第 2 段階反応時では明らかに試料によってその傾きが異なっており, この段階での反応メカニズムが異なることが明らかになった.

To develop a highly efficient CFB generating process, basic RDF combustion properties are observed by the thermal balance technique for two RDF produced by different processes. It was observed that RDF weight was reduced in two stages with exothermic reaction in their combustion. This result indicates that these RDF consist of two kinds of combustibles, one burning at low temperature and another at high temperature. From the small weight difference of RDF sample between after combustion and after pyrolysis, it was found that combustion is controlled mainly by gas-phase combustion of volatile matter released by pyrolysis. Furthermore, it was also found that the first stage reaction of each RDF has the same reaction mechanism, however the reaction mechanism of the second stage depends on the RDF production process.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(3), 560-565, 1996-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  11件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668759
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3960262
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ