薄い微粒子粉体層の空間率及び表面粗さ特性 Surface Roughness and Porosity for Thin Particle Layer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

微粒子を用い遠心場の壁面に薄い粉体層を作成し, 空間率及び表面粗さに及ぼす粒度分布の影響について実験及びシミュレーションを行った.薄い粉体層の表面粗さは沈着する粒子の粒度分布幅が広い程大きい.またこの傾向は凝集粒子が沈着することでより明確になる.<BR>シミュレーション結果より, 空間率に対する影響は一次粒子が沈着する場合には, 粒度分布幅が狭い程空間率が低くなった.一方凝集を考慮した場合は, 粒度分布幅が広い程空間率が低下した.<BR>実験での粉体層の空間率は粒度分布幅が広い場合に低下した.これは沈着する直前での粒子が凝集していたため生じたものである.<BR>粒度分布幅が広くかつ凝集した粒子が沈着すると, 粉体層内部に多数の空孔が生じ易くなることをシミュレーション結果より認めた.

Numerical simulation and experimental studies have been conducted on the effect of particle size distribution on the surface roughness and porosity for thin particle layers. When particles with wide size distribution are deposited on the test surface, surface roughness of the particle layer increases. The degree of surface roughness also increases when the particles are agglomerated. Numerical simulation indicates that the porosity becomes lower when non-agglomerated particles with narrow particle size distribution are used.<BR>On the other hand, the porosity becomes lower when agglomerated particles with wide particle size distribution are used.<BR>From the experimental results, porosity of the particle layer decreases when particles with wide size distribution are used. This is because of the particle agglomeration.<BR>It is also found from numerical simulation that the number of closed void spaces in the particle layer increases when agglomerated particles with wide size distribution are used.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(3), 575-581, 1996-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668789
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3960264
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ