電気精密濾過反応器を用いたStreptococcus lactis 527の高濃度培養 High Density Culture of Streptococcus lactis 527 Using Electro-microfiltration Bioreactor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 箱田 優 HAKODA Masaru
    • 群馬大学工学部生物化学工学科 Department of Biological and Chemical Engineering, Gunma University
    • 中村 厚三 NAKAMURA Kozo
    • 東京大学大学院農学生命学研究科 Division of Agricultual and Agricultual Life Sciences, The University of Tokyo

抄録

電気精密濾過反応器 (EMFBR) は <I>Streptococcus lactis 527</I> の高濃度培養に適用され, 濾過流束と菌体濃度に及ぼす電場の影響が実験的に検討された.<BR>EMFBR は培養器中に菌体を完全に保持し, 阻害物質を連続的に除去した. 電場を印加することにより, 濾過流束を高く維持でき乳酸濃度を低く抑えることができたため, <I>S.lactis</I> 濃度は電場強度 20V / cm において通常の回分培養の約 10 倍である 24.2 g-dry cells/<I>l</I>まで増殖した. また, グルコースに対する菌体収率 <I>Y<SUB>X/S</SUB></I> 及び維持定数 m は電場印加することによって増大した.本実験結果より, 電場強度が 20V / cm 以下の条件では, 阻害代謝産物の蓄積及び菌体に対する電場の悪影響が少ないことから, EMFBR は高密度培養に有効であることが明らかとなった.

Electro-microfiltration bioreactor (EMFBR) was applied to the high density culture of <I>Streptococcus lactis 527</I>, and the effect of electric field on the filtrate flux and the cell concentration was examined experimentally.<BR>The EMFBR allowed complete retention of cells in the fermentor and continuous removal of inhibitory metabolizes. S. lactis was grown in the EMFBR with the maximum concentration of 24.2 g-dry cells/ l, about 10 times as much as that of the conventional batch culture, and this improvement was due to removal of lactic acid from the fermentor. The yield of cell against glucose <I>Y<SUB>X/S</SUB></I> and the maintenance coefficient <I>m</I> both increased by application of an electric field. The experimental results showed that EMFBR could be effective if the experimental conditions were chosen properly.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(3), 590-596, 1996-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668805
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3960266
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ