横型サンドミルにおける内羽根と外筒の回転方式がメディア粒子の挙動と粉砕特性に及ぼす影響 Effect of Rotation Method of Internal Blade and External Cylinder on Media Particles and Grinding Characteristics in Horizontl Type Sand Mill

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

内羽根と外筒がそれぞれ独立に回転する横型サンドミルにおいて, メディア粒子の挙動を可視化する計測技術がオリジナルに開発された.その技術を用いることにより, ミル内メディア粒子の速度分布と速度変動強度及び出現頻度分布の測定が可能となった.両方の回転方式で得られたメディア粒子の流動特性に関連づけて, アルミナビーズを用いた炭酸カルシウム微粒子の粉砕特性を考察した.その結果, 内羽根だけが回転する場合及び内羽根と外筒が逆方向に回転する場合の両方について得られた50%粒子径は, 従来の速度変動強度だけではうまく相関できず, それに出現頻度をかけた重み付き速度変動強度で良好に相関できることが見いだされた.

A measuring technique to visualize the motion of media particles has been developed for a horizontal type sand mill, in which internal blade and external cylinder rotate inversely and independently. Using this experimental technique, velocity distribution, intensity of velocity fluctuations and appearance frequency of grinding media in the mill can be measured. Relating to these flow characteristics of media particles for both rotation methods, the grinding performance of calcium carbonate with alumina beads is discussed. As a result, it is found that the median diameter of ground products obtained in both rotation methods can not be correlated only with the intensity of velocity fluctuations having been used to date, but can be correlated well with the intensity of velocity fluctuations weighted by appearance frequency.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(3), 597-602, 1996-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668819
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3960267
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ