粒度偏析現象の個別要素法を用いた解析的検討 A Study on Size Segregation of Particles Using Distinct Element Analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

偏析は粒子流動に伴う現象であり, 経験的・実験的な検討から, 一般的傾向について知見が得られているものの, ミクロなメカニズムの観察は困難であった.本研究では, まず2次元DEMを用いたシミュレーションをガラスビーズの投入時の粒度偏析現象の実験について実施した.これは全体的な堆積の挙動については実験と対応した結果を示したが, 堆積層内粒度分布の偏析の傾向を再現できなかった.次に, 部分モデルを設定し, 2次元および3次元の解析を実施して結果を比較した.2次元の結果が大きいばらつきを示したのに対し, 3次元では堆積過程を表現するとともに, 実験で示された偏析の傾向を再現することができた.また, その結果を粒子単位で評価することにより, 実験で想定された偏析のメカニズムが妥当であることを確認した.

'Size segregation' is a typical phenomenon usually accompanied with flow of particles. It has been demonstrated experimentally and macroscopically. However, the microscopic mechanism is difficult to observe, and it is not understood sufficiently. In this study, the experiment focused on size segregation simulated using the distinct element method. A 2-dimensional simulation for the full model of the experiment indicates equivalent behavior. However, size segregation in an accumulated layer is not properly shown. Next, the simple partial model is simulated using 2-and 3-dimensional analysis. The 2-D result does not show the size segregation clearly due to the wide scattering of data, but that of 3-D shows that it is possible to simulate the segregation properly. Also, detailed observation of the movement of each particle demonstrates the validity of the mechanism of size segregation which was presented from the experiment.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(3), 622-628, 1996-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668858
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3960271
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ