信号安定化理論による連続晶析装置の制御 Application of the Theory of Signal Stabilization to a Continuous Cooling Crystallizer Control Sytem

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

連続冷却晶析装置について, 入力を冷却速度, 出力を結晶生産速度として周波数応答を計算した.入力の振幅, 角周波数を適切に選ぶと, 晶析装置の持続振動がほとんど防止できることがわかった.この現象を説明するために信号安定化理論を導入した.強い非線形性を示す核化速度が晶析装置の持続振動をひきおこすこと, およびこの非線形性の特性を利用して, 適切な振幅と高周波数を持った冷却温度を入力として持続振動を低減できることが信号安定化理論によりほぼ説明できた.このことより, 持続振動を示す晶析装置の制御系設計に信号安定化理論が有効であることがわかった.

Frequency response calculation was carried out for a continuous cooling crystallizer where cooling temperature and crystal production rate are regarded as input and output, respectively. It was found that appropriate selection of amplitude and augular frequency almost stabilized sustained oscillation of the crystal production rate. To explain this phenomenon, the theory of signal stabilization was introduced. Based on this theory, it was interpeted that sustained oscillation was due to a strong nonlinearity of nucleation rate and that these nonlinear characterestics enabled us to reduce sustained oscillation by cooling temperature input with suitable amplitude and angular frequency. From this fact, it was recognized that the theory of signal stabilization was useful to the control system design of continuous crystallizer which showed sustained oscillation.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(3), 635-640, 1996-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668878
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3960273
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ