ゾーンメルティングプロセスの温度分布制御と分離性能の検討 Control of Temperature Distribution and Separation Efficiency of a New Zone Melting Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ヒーターと試料を共に固定し, 温度分布のみを移動させる新しいゾーンメルティング法に対する温度制御と分離性能の検討を行った.目標温度分布を形成するために, 著者らが提案している, 有限フーリエ変換による分布定数系の制御系設計法を応用した.その結果, 様々な操作条件において, 良好な制御性能が得られた.さらに, 不純物の分離性能についても検討したが, 通常のゾーンメルティングプロセスと同様な分離性能があることが判明し, さらに, 融解部の大きさや固化界面における温度勾配が分離性能に影響を与えることが明らかとなった.

A new type of zone melting process was developed, in which an axial temperature distribution alone was moved while both heaters and a sample container were fixed. The controller for moving temperature distribution was designed based on the method previously proposed by authors for distributed parameter systems. The controller performance was satisfactor for various operation conditions. Experimental results with an eutectic organic compound show that the separation efficiency of the present process bears comparison with that of the conventional process and depends on the temperature gradient at the crystallizing interface, as well as the length of melting zone.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(3), 641-647, 1996-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668885
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3960274
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ