表面被覆型複合微粒子層の力学特性 Mechanical Properties of Surface Composite Particles Coated with Finer Particles

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高速気流式の粒子表面改質装置を用い, ポリエチレン粒子の表面にシリカ微粒子を被覆・固定した複合粒子を調製し, その粉体層の力学特性について検討した.引張り破断強度は粒子間付着力に基因し, 破断面の粒子間接触点数から求められる.立体障害を考慮した接点種の割合に基づき算出した引張り破断強度と実測値の一致から, 解析の妥当性が示された.剪断付着強度と内部摩擦係数は, 粒子間付着力に加え, 被覆微粒子により生じる核粒子表面の粗さに起因する粒子間の咬み合い効果が認められた.複合粒子の安息角はシリカの被覆率が増加するにともない低下し流動性の向上が認められ, 破壊包絡線からの剪断指数と良い相関を示した.よって, 粒子表面の被覆による粉体力学特性への影響は, 高次物性になるに従い小さくなることが分かった.従って, 複合粒子の表面被覆率を変えることにより, 段階的に粉体の力学特性を制御できることが分かった.

The effect of the coated composite surface of particles on the mechanical properties of the powder bed was investigated. Polyethylene-silica surface composite powder was prepared at several coating ratios with Hybridizer. Various tests on mechanical properties of the powder bed were carried out with the prepared powder, and the following results were obtained : The ultimate tensile strength depends only on the conhesive force between particles, and the contact probability model of composite particles led to good agreement between the experimental and calculated values.<BR>The coefficient of internal friction and cohesive shear strength were influenced due to the interlocking effect of the surface roughness of composite particles. The effects of coating particles became small with dynamic properties like angle of repose. It is possible to control the mechanical properties in a stepwise fashion by changing the coating ratio of the particles.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(3), 655-661, 1996-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668907
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3960276
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ