融解・凝固履歴を有する粒状架橋樹脂を充填した固定層内における熱伝達 Heat Transfer in Fixed Beds Packed with Cross-Linked Plastic Particles Subjected to Melt-Freeze Cycles

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

形状が安定化された樹脂の相変化に基づく蓄熱システムの解析に必須な基礎的知見を与えるため, 融解・凝固履歴を有する円柱粒状架橋樹脂を充填した固定層内における粒子と流体間の熱伝達係数を, 拡張したSchumannの理論を援用して実験から算定し, 熱伝達係数の経験式を提出した.粒子相互の融着が, 粒子間の面接触状態の増加と, それに付随して粒子間隙流路域で死水域の増加をもたらすため, 熱伝達係数の値は, 従来の知見から予測される値に比べ, かなり低くなることがわかった.

To offer the essential basic information for analyzing the thermal-energy storage system based on the form-stable phase change of plastics, particle-to-fluid heat transfer coefficients in fixed beds packed with cross-linked cylindrical plastic particles subjected to melt-freeze cycles were evaluated experimentally using the extended Schumann's theory, and a formula for estimating the heat transfer coefficient was presented.<BR>The resulting heat transfer coefficients were found to be definitely lower than those predicted from previously published work, due to the melt adhesion between adjacent plastic particles, which increases their contacting surface area and, consequently, increases the dead space in the interstitial flow region.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(3), 662-668, 1996-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668918
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3960277
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ