廃タイヤ等からの高効率熱回収用流動床ボイラの層内伝熱管の研究 Study of Immersed Heat Exchange Surface for High Efficiency Heat Recovery from Wire Rim Tires in a Fluidized Bed Boiler

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大下 孝裕 OSHITA Takahiro
    • (株)荏原製作所 環境開発センター 環境エネルギー開発部 Environmental Development Dept., Ebara Corporation
    • 永東 秀一 NAGATO Shuichi
    • (株)荏原製作所 環境開発センター 環境エネルギー開発部 Environmental Development Dept., Ebara Corporation
    • 細田 修吾 HOSODA Shugo
    • (株)荏原製作所 環境開発センター 環境エネルギー開発部 Environmental Development Dept., Ebara Corporation

抄録

内部循環流動床ボイラは, 流動層内を主燃焼室と熱回収室に仕切壁にて区分し, 流動媒体に硅砂を使用して, 主燃焼室に内部循環流を, また主燃焼室と熱回収室の間に熱回収循環流を形成することを特色としている.<BR>本ボイラにおいて, 層内伝熱管をパネル型にし, その時の総括熱伝達係数を求め, さらにワイヤを含むタイヤの燃焼実験を行って, ワイヤによる伝熱阻害の有無を検討した.その結果, パネル型の総括熱伝達係数は, 千鳥配列のものに比べて低下するが, 実用上はフィンの吸熱が寄与するので, ほぼ同等となった.また熱回収室下部に設けた循環層空気流量を変化することにより, 千鳥配列の場合とほぼ同様に総括熱伝達係数を制御することができた.ワイヤを含むタイヤの燃焼においては, 千鳥配列の層内伝熱管ではワイヤが堆積して伝熱阻害を生じたが, パネル型の層内伝熱管ではワイヤの堆積は皆無であり, 安定な運転を行なうことができた.

In an ICFB boiler, the fluidized bed is separated by a partition into the main combustion and the heat recovery chambers. The flows in these chambers are generated by using silica sand as the fluidizing medium. To determine the overall heat transfer coefficient (HTC) of the boiler's panel type immersed heat transfer tubes, combustion tests were performed with wire rim tires. The overall HTC of a panel tube array was lower than that of a zigzag tube arrangement. In practice, the heat absorbed by the fins makes the coefficients of either type of tube array almost identical. The air flowrate in the circulating bed at the bottom of the heat recovery chamber can be changed to control the overall HTC to a value virtually identical with that of a zigzag tube array. The combustion of wire rim tires leads to a buildup of wires in the zigzag array. hampering the transfer of heat. Yet, the panel type array showed no buildup so that it was possible to maintain steady operation with this type of tube arrangement.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(4), 707-713, 1996-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002668993
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3995422
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ