気相酸化法による高純度酸化チタンの製造 Production of High Purity Titanium Dioxide by Vapor Phase Oxidation Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

電子材料用ペロブスカイト原料として高純度酸化チタンの気相酸化法による製造プロセスの開発とそのプロセスの定量的解析を行った.気相酸化による酸化チタンの製造法は, 高温の四塩化チタンと酸素を反応させて酸化チタン微粒子を合成する方法である.この製造条件をパイロット実験により求めた.<BR>この結果, 粉体合成に適する反応現象は, 化学平衡を考慮すれば乱流拡散燃焼として説明できることが分かった.これにより, 最適な反応器を設計することができる.また, 安定な反応と高純度を維持するための装置全体に渡る各部の構造や制御方法を示した.この装置により, 粒度が均一で高純度の酸化チタン微粒末を合成した.さらに, この気相酸化法が他の酸化物セラミックスの合成にも適用できることを確認した.

The production process of perovskite-structive titanium dioxide for of electronic materials was developed and analyzed quantitatively. In the production of titanium dioxide by the CVD method the fine powder is synthesized by the reaction of titanium tetrachloride with oxygen at high temperature.<BR>The production process of the titanium dioxide was investigated using pilot scale apparatus. Consequently, the reaction conditions suitable for powder production with uniform size are turbulent diffusion combustion between the titanium tetrachloride and the oxygen.Using this result, reasonable reactors can be designed.<BR>A fine powder of high purity titanium dioxide with sharp particle size distribution is produced by this process. We confirmed that this vapor phase oxidation process could be applied to the production of other ceramics.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(4), 714-721, 1996-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669002
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3995423
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ