ピッチの直接フッ素化による固体状フッ化ピッチの合成 Synthesis of Solid Pitch Fluoride by Direct Fluorination of Coal Tar Pitches

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

フッ化ピッチは水に対する接触角145度以上という優れた撥水性を有したフッ素系溶媒に可溶な新規のフッ素化カーボン材である.<BR>工業化検討のため静置型反応器を用いて固体状フッ化ピッチの合成実験を行った.軟化点の異なる種々のピッチを用いて50℃~130℃の範囲においてフッ素ガスによる直接フッ素化反応を行った結果, ピッチの軟化点に依存した最適フッ素化温度が存在し, また高軟化点ピッチが原料ピッチとして最適であることが分かった.また最適反応温度においては, ピッチのカーボン骨格を分解することなく200%の重量増加を伴うフッ素化が可能であることが判明した.

Pitch fluoride is a new fluorine-carbon compound which has an excellent water repellency with a contact angle of more than 145 degrees, thermal resistance and high solubility in some fluoro solvents. In this study, various types of coal tar pitch were directly fluorinated by fluorine gas in order to prepare pitch fluoride at temperatures ranging from 50°C to 130°C. Depending on the softening point of each raw pitch, an optimum reaction temperature exists, at which pitch fluoride was synthesized at 200% increase in weight without decomposition of -C-C- bonds, and it was found that pitch with a high softening point is suitable as a raw material for synthesis.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(4), 728-734, 1996-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669016
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3995425
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ