鉄多孔体・アスコルビン酸脱臭フィルターのアンモニア脱臭機構 Ammonia Adsorption Properties and its Mechanism of Deodorant Filter Made of Iron Ascorbate on Porous Iron Frame

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

通気性のある鉄多孔体 (比表面積 0.3m<SUP>2</SUP>/g, 気孔率 90%, 嵩比重 0.7) と L-アスコルビン酸を反応させて脱臭フィルターを製作し, アンモニア吸着容量とアンモニア吸着機構について活性炭と比較調査して, 次の結果を得た. (1) 鉄多孔体・アスコルビン酸フィルターの初期アンモニア吸着容量は活性炭のそれと同レベルであるが, 可逆的な脱着により吸着能が再生するため, 経時的に性能が劣化しない特徴がある. (2) 鉄多孔体・アスコルビン酸フィルターに対してアンモニアはFe (II) あるいはFe (III) 原子に置換配位することにより可逆的に吸脱着する. (3) このようなFe原子の活性はアスコルビン酸錯体を形成したためであり, それは鉄多孔体骨格を形成する金属鉄とアスコルビン酸とを反応させる製造過程で生成すると推定される。

A deodorant filter was made by treating porous metallic iron with an L-ascorbic acid aqueous solution, depositing the iron ascorbate on it. The ammonia adsorption capacity of the deodorant filter was studied with repetitive runs of adsorption tests. The results show that the ammonia adsorption capacity of the iron ascorbate is nealy equal to conventional granular activated carbon at the beginning, but unlike the letter, the iron ascorbate perfectly recovers the capacity via reversible desorption. ESR and Mossbauer spectroscopy reveal that ammonia goes into the inner coordination sphere of Fe (II) and Fe (III), capable of reversible adsorption and desorption, and that the reactivity of iron is attributable to the formation of the ascorbate complex, which is formed in the specific manufacturing process of the deodorant filter.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(4), 763-769, 1996-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669077
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3995430
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ