線形化手法の適用による双線形対象の制御 -資源処理プロセスにおける濃度制御の場合- Control of A Bilinear Plant by Applying Linearization Method - In case of Concentration Controls in Resources Processing-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松尾 誠治 MATSUO Seiji
    • 東京大学大学院工学系研究科地球システム工学専攻 Dep. of Geosystem Eng., Faculty of Eng. The Univ. of Tokyo
    • 岡野 靖彦 OKANO Yasuhiko
    • 東京大学大学院工学系研究科地球システム工学専攻 Dep. of Geosystem Eng., Faculty of Eng. The Univ. of Tokyo

抄録

近年研究が活発に行われている線形化手法を, 資源処理工場の濃度制御に対し適用することを検討した.しかし, この対象は系の特異性のため種々の線形化条件を満たさない.そこで, 対象の特性を十分考慮し系に近似を用いることで対象の線形化を行い, その近似の妥当性及び線形化による制御性能の改善をシミュレーションによって検証した.また, 状態推定に用いた非線形オブザーバーについてもその有効性を検討した.<BR>その結果, 今回用いた近似はこの対象においては妥当なものであることが分かり, さらに線形化により制御性能の改善, すなわち, 濃度設定値による応答の速さの変化の改善, 逆応答の補償, 及び濃度設定変更範囲の拡大が可能になった.また, 今回用いた非線形オブザーバーも正確な状態の推定を行うことができた。

The linearization method recently highlighted has been successfully applied in designing an optimal or a flexible control system of a bilinear process actually encountered in case of concentration controls in resources processing.<BR>The purposes of the study were to eliminate dependency of control performance upon set point values, to compensate inverse responses of the plant and to extend an allowable range of set point values to be changed.<BR>As the plant had to be approximated prior to application of the method, the modelling error was to be considered in the following design stage of a linear controller. Furthermore, state variables were estimated on an approximate nonlinear observer obtained by an extended linearization method, as the variables concerned here could not be detected.<BR>The results have been shown in the figures which were obtained exclusively by computer simulations.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(4), 770-776, 1996-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669091
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3995431
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ