ポリイオンコンプレックス膜を用いた浸透気化法による種々のアルコール/水混合物の分離 Separation of Water from Various Alcohol-Water Mixtures Using Polyion Complex Membrane by Pervaporation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリイオンコンプレックス膜を用いた浸透気化法により, 種々のアルコール/水混合物の分離を検討した.アルコールとしては, エタノール, 1-プロパノール, 2-プロパノールおよび1-ブタノールを試験した.水およびアルコールの透過流束は, 供給液の水のモル分率が増加するにつれ増加した.水の透過流束は, アルコールの種類に関係なくほぼ同じ値を示したが, アルコールの透過流束は, アルコールの炭素数が増加するにつれ減少する傾向を示した.また, 水およびアルコールの膜への収着量を測定し, 溶解性を検討した.水による膜の膨潤を考慮した溶解拡散説に基づいた透過式を用いて, 水およびアルコールの透過流束を解析した.水による膜の膨潤は, 水およびアルコールの透過に大きく影響し, 水の膜への溶解性および膜内の拡散性は, アルコールよりも大きくなり, アルコールの溶解性および拡散性は, アルコールの炭素数が増加するにつれ減少することが分かった.

Separation performance of water from various alcohol-water mixtures by pervaporation was examined using a polyion complex membrane. The alcohols used in this study were ethanol, 1-propanol, 2-propanol and 1-butanol. Both permeate fluxes of water and alcohols increased with increasing mole fraction of water in the feed solution. The values of permeate fluxes of water were almost the same for all alcohols tested, while those of alcohols decreased with increasing the number of carbon in the alcohol molecule. The solubilities of water and alcohols to the membrane were also examined by sorption experiment.<BR>The permeate fluxes of water and alcohols were analyzed on the basis of the solution-diffusion model considering the swelling of membrane caused by water. Permeate fluxes of water and alcohols were significantly affected by the degree of membrane swelling. Both solubility and diffusibility of water were larger than those of alcohols. Solubility and diffusibility of alcohols were reduced as the number of carbon in alcohol molecule increased.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(4), 822-829, 1996-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669155
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3995438
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ