D2EHPAによる金属イオン抽出系における界面張力の挙動と界面活性種の反応機構 Behaviors of Interfacial Tension and Reaction Mechanism of Surface Active Species in Metal Extraction System by D2EHPA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

酸性リン酸エステルD2EHPAのベンゼン溶液/水溶液系の界面張力を, 金属イオンが不在である場合と銅イオンあるいは鉄イオンが含まれている場合について, ウィルヘルミー法を用いて測定した.それぞれの場合について, 界面張力と抽出剤濃度の関係および水素イオン濃度の依存性を明かにした.その結果, 1) 抽出剤は速い速度で界面に吸着し, 単量体HRおよび酸解離したアニオンR<SUP>-</SUP>で存在する, 2) 水相が銅イオンを含む場合, 抽出剤は, 瞬時に反応し, 1 : 2錯体CuR<SUB>2</SUB>を形成し有機相に取り込まれる, 3) 鉄イオンを含む場合, 瞬時に反応し, 1 : 2錯体FeR<SUB>2</SUB><SUP>+</SUP>を形成し, FeR<SUB>2</SUB><SUP>+</SUP>が界面活性種として存在する, などの知見を得た.また, 界面張力と抽出剤濃度の関係は, これらの知見に基づく反応モデルにより説明されることを示した.

Interfacial tensions of D 2 EHPA in benzene/aqueous solution systems were measured by the Wilhelmy plate method. Measurments were carried out for a metal ion-free system and for a system with cupric or ferric ion dissolved. In consequence, it is made clear that 1) the adsorption process is very rapid and the extractant can exist as a monomer or its dehydrogenized anion at the interface, 2) in cupric ion extraction systems, 1 : 2 complexes are formed but no intermediate metal-ligand complexes can exist at the interface, and 3) in ferric ion extraction systems, 1 : 2 intermediate complexes are formed and can adsorb with monomer extractants at the interface. The respective actual behaviors of the interfacial tension are shown to be explained well by Gibbs equation with the aid of the reaction model deduced from present experimental insights.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(4), 837-845, 1996-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669179
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3995440
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ